浅間温泉わいわい広場「湯けむりパフェ」販売

松本市の浅間温泉わいわい広場(浅間温泉1)は、同広場にあるイチゴハウスで育てた「音泉(おんせん)いちご」で「湯けむりパフェ」(850円)を作り、発売した。
「音泉いちご」は、大粒でヘタの近くまで甘いのが特徴。パフェには、取れたてのイチゴを並べ、ソフトクリームやソースなどでもイチゴ味を楽しめる。
イチゴがおいしい冬に温かい気分で食べられるものを作ろうと検討。地元の旅館で出していた蒸し物の料理を参考に、蒸気が立ちのぼる器にパフェを入れ「湯けむりパフェ」とネーミングした。
パフェ自体は冷たいが、同広場代表の山﨑圭子さんは「温泉街らしい湯けむりを楽しみながら、温かな雰囲気でパフェを召し上がってほしい」と話している。
1日5個限定。営業時間は午前9時半~午後5時半。