白馬岩岳にホワイトパークオープン

白馬村のスキー場「白馬岩岳スノーフィールド」に、スノーアウトドアエリア「IWATAKEWHITEPARK」がオープンした。標高1289メートルの山頂に、大型ブランコ、写真映えする撮影スポットや遊びのエリア、雪上ドッグランなどを設置。スキーやスノーボードをしない人も楽しめる。
昨夏に登場した人気の大型ブランコ「ヤッホー!スウィング」は晴天時の週末限定で1回1000円(ワンドリンク付き)。冬や雪の世界観を盛り上げるBGMの中、眼前の白馬三山へ飛び出すような浮遊感が味わえる。
かまくらに入ったり、人の形にくり抜いた雪壁に収まったりして写真が撮れるスポット、たき火やテントでくつろげるゾーンも。絶景テラスに併設のベーカリーではホットドリンクも販売する。
子どもや初心者向けの緩斜面ゲレンデも新たに造成。そり、チューブ、スノーシュー、スノーブーツなどを無料で貸し出している。グリーンシーズン限定だった愛犬とのゴンドラ同乗は、今季から冬も可能とした。
運営する岩岳リゾート(同村)の和田寛社長は「スキーヤー以外にもスキー場に来てもらいたい。絵になり、遊べるコンテンツを増やすことで、いろんなお客さんが足を運ぶきっかけになれば」と話している。
ホワイトパークの営業は3月28日までの午前10時~午後3時(天候などで変更あり)。山頂にはゴンドラリフトでアクセスする。往復乗車代2100円(小学生1150円、ペット700円)。積雪状況によっては利用できない場合もある。同スキー場℡0261・72・2474