北ア国際芸術祭実行委 「水・木・土・空」塗り絵

大町市で8月21日~10月10日に開かれる「北アルプス国際芸術祭2020-2021」の実行委員会は、コンセプトの「水・木・土・空」をデザインしたアイコンそれぞれの塗り絵を作った。公式ホームページからダウンロードできる。
芸術祭のビジュアル・ディレクターを務めるデザイナー皆川明さんが手描きでデザイン。シンプルなため、アイコンの中に模様を描いたり、余白に好きな絵柄を加えたりと自由に発想を広げられ、子どもだけでなく大人も楽しめる。
実行委は、自身のインスタグラム、ツイッターへの完成作品の投稿を呼び掛けており、ハッシュタグ「♯北アルプス国際芸術祭ぬり絵」を付けて投稿。会期中やプレイベントでの展示なども予定している。
3年に1度開かれる同芸術祭は昨年の予定だったが、コロナ禍で今年に延期になった。実行委事務局は「本番への期待感を高めながら、おうち時間を楽しみ、一緒に盛り上げてほしい」としている。事務局 ℡0261・85・0133