2月下旬まで薮原宿にイルミ

木祖村の旧中山道薮原宿の一角に、イルミネーションがお目見えした。毎年1月下旬から2週間ほど開く「町並み雪灯(あか)り」がコロナ禍で中止になったのを受け、村職員労働組合と村で芸術祭「木曽ペインティングス」を運営する芸術家たちが企画した。
場所は、村で滞在制作するアーティストの創作拠点「藤屋レジデンス」の通りに面したギャラリー。村のイメージキャラクター「源気くん」が点滅し、その周りを画家の絵などが飾る。半裸で笑顔を見せる人の絵やウサギの置物など、季節も国もごちゃ混ぜになったような不思議な空間だ。
同労組の高柳政次さんと木曽ペインティングスの大沢理沙さんは「少しでも街を明るくできたら」と口をそろえる。点灯時間は午後5~10時。2月下旬まで。