白い歯で自信ある笑顔に 松本にホワイトニング専門店

歯のホワイトニング専門店「マウスラボ松本店」が松本市中央1に開店した。専門店は市内初。スタッフが施術方法を説明し、利用者自身が行う「セルフホワイトニング」のサロンだ。
歯の色をチェックした後、食品などにも使用される成分で作ったオリジナル溶剤を歯に塗り、LEDライトを照射。光触媒作用で表面の汚れを分解し、歯の本来の白さに戻す。殺菌、抗菌、消臭などの作用が口内環境の改善にもつながるという。
オーナーの庄司有希さん(32)は、都内と出身地の岐阜県で歯のホワイトニングを含む総合エステサロンを経営。「美容や健康に役立つ情報をさらに地方でも広げたい」と、長野県内の知人の紹介で松本市内への出店を決めた。
松本店を開店してから1カ月が経過し、利用者の男女割合はおおむね4対6という。庄司さんは「白い歯で自信を持って笑顔になれると周囲にも良い雰囲気が伝わる。より豊かな暮らしを送ってほしい」と話す。
料金は1回3300円、初回限定の3回券が5478円(通常9900円)。オープン記念として3月31日まで1カ月フリーパス(15回分)が2万1780円(通常3万2780円)になる。学割メニューもある。要予約。午前11時~午後8時。同店℡0263・87・8266