洋裁オンライン講座

洋裁教室の開催やオリジナル子ども服を製造販売するラズベリーガール(松本市蟻ケ崎4)は、動画による洋裁オンラインレッスンを始めた。4月に入園や入学する子どもの親向けに、保育園や幼稚園、小学校で必要な着替え入れなどの袋作りなどを教える。

入園・入学グッズなど

コースは、着替えや弁当、コップ・歯ブラシ、靴の4つの袋を作る「入園、入学グッズ4点セット」(6000円)、「着替え袋」(4500円)、給食用の「まぁるいエプロン」(4000円)の3種。
「入園、入学グッズ4点セット」は、24ステップで約90分。1点1点仕上げるのではなく、底布と表生地を縫い合わせるといった同じ工程は一緒にできるようにするなど、時短の工夫も。すぐ取りかかれるよう、キットも販売する(1500~5500円)。
ラズベリーガールは毎年この時期、教室を通じて新入園・入学児の親を応援してきたが、コロナ禍を受けてオンラインレッスンに切り替えた。マスクを手作りする人が増え、ミシンを備える家庭が増えたことも、オンライン講座の追い風になったという。
主宰する田川恵理子さん(41)は「子どもは母の手作りがうれしい。動画を通して、洋裁が地域に定着すればいい」と話している。
動画はウェブサイト(「ラズベリーガール」で検索)から入手できる。ほかに、ペンケースの動画レッスン(2000円)もある。℡0263・88・6468