「山登りねこ」カラー版 全国放送で話題に岡田さんエッセー新版

元安曇養護学校教諭で全国カラオケ指導協会公認教授の岡田裕さん(64、安曇野市穂高北穂高)が、エッセー「山登りねこ、ミケ60の山頂に立ったオスの三毛猫」(日本機関紙出版センター)の新版を出版した。2010年に出した同著のカラー版で、内容を加筆した。
ミケは保護猫で、1995年から岡田家の家族に。岡田さんと妻のさよさん(63)のウオーキングについてくるようになったため、趣味の山登りにも連れていくことに。95年8月から死ぬ1カ月前の2010年10月まで、64の山に登った。
昨年9月、全国放送でミケの姿が紹介され話題になり、カラーの新版を出した。「ミケが死んで10年たつが、本やテレビを通じて、日本中の人に愛してもらいありがたい。ミケから生きる力をもらったという声も寄せられた」と岡田さん。
「ミケとの出会い」など3章で構成。「ミケの山登り」では、芥子坊主山(松本市)、長峰山(安曇野市)など、20の山を登ったミケの様子を詳しく紹介している。
A5判変型、122ページ。1430円。平安堂あづみ野店で販売。