【NEW!OPEN】高級食パン専門店・歓びのプレリュード(安曇野市穗高有明)

「朝」のイメージがあるパン

安曇野市穗高有明の穗高新聞販売が同社ギャラリーを改装し、新聞と同じ「朝」のイメージがあるパン店を始めた。プレーン「朝のハーモニー」(1本=2斤864円)と、レーズン入り「葡萄(ぶどう)のデュエット」(同1058円)の2種を販売している。
「朝のハーモニー」は、国産バター、ヤマザクラから採れた国産の蜂蜜、無添加生クリームなどを掛け合わせた上品な甘みが特徴。まろやかな沖縄の塩が素材の味を一層引き立てる。口当たりが軟らかいため「まず生で食べ、2日ほどたったらトーストすれば、違うおいしさが味えます」と林善徳社長(47)。「葡萄のデュエット」は、大粒のレーズンがパン生地とよく合う。
店内デザインなどプロデュースはジャパンベーカリーマーケティング(横浜市)の岸本拓也さんが担当。新聞配達網を生かし、今後、パンの宅配事業にも取り組みたい考えだ。
午前10時~午後5時半。日曜定休。午前9時半から引換券を配布する。葡萄のデュエットの販売は正午のみ。午後4時以降は引換券なしの先着順。売り切れ次第終了。TEL0263・31・0098