看板娘はロバのブレちゃん

もふもふな体、ピンと伸びた耳、「うさぎうま」とも呼ばれる愛らしいロバ。日本では街なかなど身近でお目にかかる機会は少ないが、その姿を見られる場所が松本市にある。
パンと焼き菓子の店「Bake Shop粉雪farm」(島内)。生後半年の雌「ブレ」は佐久市内の牧場から4月にやって来た同店の「看板娘」だ。パンの「ブレッド」、小麦を指すフランス語「ブレ」、童話「ブレーメンの音楽隊」などから名付けられた。
家族で店を営む牧羽千恵子さん(53)は開店の折、「来る人に楽しんでもらえるような店に」と、姓の「まきば」にちなみ大好きなロバを飼おうと決め、4年後に実現した。「今後ブレにちなんだ商品も考えたい」と、娘の里奈さん(27)。
木曜定休。午前10時~午後4時。TEL0263・40・5090