現代の民族服提案「MITTAN展」

夏に涼しいアイテム豊富に取りそろえ

信毎メディアガーデン2階のMARKT+(プルス)は6月13日まで、「MITTAN(ミッタン)展」を開いています。世界の衣服や生地について、その歴史を元に現代の民族服を提案するブランドの初の企画展です。
生地作りや染色から徹底的にこだわるMITTAN。日本各地の機械織り産地の生地をはじめ、手織り技術に優れたインドやラオスなどの天然素材を使用。草木や藍などで染めた自然ならではの色合いを大切にしています。
ストール(7700円~)、Tシャツ(9900円~)、パンツ(1万9800円~)など、ユニセックスのデザインのため幅広い年齢層になじみ、メンズサイズも豊富に取りそろえました。着ていくうちに風合いが増すのも魅力で、長く着続けられるよう、修繕や染め直しも受け付けています。
「竹の繊維を使った人気の“竹パンツ”など、夏に涼しいアイテムを豊富にそろえました。ぜひ手に取ってみて」と同店。
午前11時(土、日曜と祝日は10時)~午後7時。TEL0263・88・1192