お子さまラーメン60食分無料 「麺屋黄昏」が協力

松本市のラーメン店「麺屋黄昏(たそがれ)」(庄内1、小西誠也店長)は6月から、小学生以下の子どもに「お子さまラーメン」(350円)を無料で振る舞っている。松本の子ども食堂運営団体でボランティアをしている会社員の藤原一世さん(41、里山辺)らがポケットマネーを出し、店が協力するというユニークな試みだ。
藤原さんは食育指導士としても活動し、講演などで得た謝礼を、子ども食堂に寄付している。日ごろから「月数回の子ども食堂の場だけでなく、身近なお店でいつでも無料で食べられたらいいと思っていた」と言い、コロナ禍で沈みがちな街の飲食店支援も合わせ、今回の企画を思いついた。
藤原さんから話を聞いた小西店長は「素晴らしい」と協力を快諾した。藤原さんがまず1万円を寄付。値段にすると28食分だが、店の好意で30食提供することに。さらに、この話を知った他の客からも1万円の寄付があり、現時点で60食を無料で振る舞う予定という。
2月に開店した店は、小上がりやキッズスペースなど子連れに配慮した造りで、「お子さまラーメン」も化学調味料を控えた、あっさり系のしょうゆ味。父親である2人は、食べ盛りだったり経済的に十分に食べられなかったりする子どもの支援に関心があるといい、「お釣りの寄付など、支援の輪が広がっていけば」と期待する。
無料提供の条件は、動画投稿サイト「ユーチューブ」の藤原さんの公式チャンネル「いっせ~の!教えてこども食堂」内の、「ラーメン奢(おご)ります」に登場するキーワードを伝えること。営業時間は月曜午前7時~午後3時、水~日曜午前10時~午後2時半と5~9時。火曜定休。TEL0263・24・0788