大信州酒造が蔵開き

大信州酒造(松本市島立)は7月11日、昨夏に新蔵が完成したのを記念し、同社で「蔵開き~愛感謝祭」を開く。新商品「愛感謝」の特別先行販売や試飲、和太鼓の演奏などを予定している。

新商品「愛感謝」先行販売など

酒造りができることへの感謝を込めて命名した「愛感謝」は、金紋錦を使った純米大吟醸。すっきりと切れがいい辛口で、米の複雑な味わいを楽しむことができる。720ミリリットルで1760円。。
蔵開きは午前11時~午後3時。酒かす詰め放題(有料)のほか、グラス購入で4~5種を試飲できる。おつまみの持ち込みも可能。並柳太鼓連による演奏は午前11時~。小中学生らによるビッグバンドの演奏(正午~、午後2時~)なども。
同酒造企画広報課の柏原章伸さん(33)は「新蔵完成を知ってもらい、楽しんでもらえればうれしい。地元の人に足を運んでもらえたら」と話している。大信州酒造TEL0263・47・0895