信毎メディアガーデンで2人展「まつもと魲ムラマリ首園」

信毎メディアガーデン1階ホールで、2人展「まつもと魲(すずき)ムラマリ首(くび)園」(マリ首園実行プロジェクトなど主催)が18日まで開催中です。長野市在住のアーティスト魲万里絵さんと、東京都在住のナカムラマサ首さんの作品約90点が、映像や照明、音響と共に異空間を演出しています。松本での2人展は初。見どころをナカムラさんに聞きました。

宙に浮いたような絵の数々と、投影によりみるみる表情を変えるステンドグラス、現実と非現実をさまよっているような音響…。展示空間について、ナカムラさんは「各設備がそろっているホールの特徴を最大限に生かせた」と話します。
3年前、初めて魲さんの絵を見たナカムラさん。「ものすごく血が通っていて、格好いい」と衝撃を受けました。壁だけでなく、さまざまに展示方法を変えたら、また違う面白さが出てくるのではと感じたと言います。
合作を試みるようになっても打ち合わせはせず、お互いが自由に描くスタイル。今回は、鮮烈な色彩の魲さんの絵とナカムラさんの鉛筆画、魲さんの絵の上にナカムラさんの水墨画を大胆に乗せたものなど5点が会場内に点在しています。作品リストは生物図鑑のように記し、「生態」の分類で作品の背景などを紹介するなど、じわじわと印象が深まる独特な仕掛けです。
「体験型の展示なので面白がって見てもらえれば」とナカムラさん。2人のプロフィルは信毎メディアガーデンホームページのイベント欄に掲載しています。
正午~午後5時(土、日曜は午前11時から)。入場料500円(会期中、何度も入場可)、18歳以下無料。信毎まちなか情報局TEL 0263 ・ 32・1150