松本のカフェ写真投稿で人気 インスタグラマー・小泉さん

ミラーレス一眼カメラ片手にスイーツの撮影に熱心な女性は、インスタグラムに約1万3千人のフォロワーがいる小泉恵利奈さん(28、松本市南原)。「松本カフェ」の名前で、松本の魅力あるカフェを投稿するうち、カフェと共同企画をするまでに。そんな人気インスタグラマーを訪ねてみた。

魅力発信 コラボ企画まで

小泉さんは東京都出身。4年前に夫の実家がある松本へ移り住んだ。写真とカフェ巡りは独身時代から趣味。子育てなどで一時中断していたが、次女の幼稚園入園を機に、カフェ巡りを再開した。
インスタに投稿を始めたのは昨年2月。観光客や県外出身の在住者に松本のすてきなカフェをもっと知ってほしい―と思ったのがきっかけだった。
インスタを始めてすぐに新型コロナウイルスの感染が急拡大し、飲食店は未曽有の危機的な状況に。「松本の街を歩いてもすごく静かだし、経営が厳しいとの声もよく聞く。少しでも松本のお店が盛り上がれば」。そんな願いも込める。
これまでに紹介した店は200以上。ここ1年ほどは1日1投稿を心掛け、投稿のタイミングも視聴率が高い夕食の時間帯にするなど地道な努力で徐々にフォロワーを獲得。活動を知ったカフェ側からコラボの申し出が来るようになった。
今月31日まで、小泉さんにとって3回目となるコラボ企画を「アルティメットコーヒーブリュワーズ」(平田東1)と展開。「ほうじ茶」をテーマに、「ダルゴナほうじ茶タピオカ」(560円)などのドリンク3種と、クロワッサン生地が香ばしい「小倉クロッフル」(550円)などスイーツ2種(スイーツは週後半のみの提供を予定)を販売する。
「コロナが落ち着いたら、松本カフェ主催の飲食イベントもできたらいいな」。ママさんインスタグラマーの夢は広がる。詳細や問い合わせはインスタグラム(「松本カフェ」で検索)から。