全国と競う「インターハイ」大舞台に挑む

2年ぶり開催中信勢160人余が出場

夏の全国高校総体(インターハイ)は24日~8月24日、長野など北信越5県(ヨットのみ和歌山)で開く。コロナ禍で2年ぶりの開催。各競技とも5~7月の県大会と北信越大会で優勝や上位入賞、記録突破を果たして出場権を得た選手が出場。県勢はこれまでに、水泳を除く28競技に計523人(マネジャー、セコンドなど含む)が出場を決め、うち中信勢は15校の計161人(男子93人、女子68人)だ。
東京五輪の真っただ中、次世代を担う高校生アスリートの活躍にも期待が高まる。

【登山】仲間信じ新たな歴史を―大町岳陽

◇男子=大町岳陽(輪湖知治=3年、逸見陽人、青柳瑠泉、山本篤希=2年)
◇女子=大町岳陽(管里佐子、胡桃有沙、高嶋優花、沖妃華=3年)
男子は3年ぶり、女子は大町岳陽になって初のインターハイ。アベック出場は大町高時代以来の19年ぶり。県内強豪の誇りを胸に、全国の舞台で新たな歴史を刻む決意だ。
競技は男女とも4人1組で体力や歩行、炊事やテント設営の技術、気象や救急法などの知識、計画書や記録など、筆記試験を含めて採点される。個々の体力や知力に加え、チームワークも求められる。
部員20人で女子は9人。「山が好き」という思いを軸に、他校を上回る山行を重ねて強さを発揮した。山を知って安全な登山の基礎を固め、並行して座学で知識も深めている。
男子は全国制覇が目標。リーダーの輪湖は「ミスしなければ狙える。メンバー同士の信頼関係では負けない」と自信を見せる。県総体での取りこぼしや課題を修正し、仲間を信じて万全の状態で挑む。
女子は5位以内を目指す。リーダーの管は、初の女子部長として部全体をまとめてきた。「日ごろの山行で読図を訓練してきたのも強み。知識で劣らないよう、残りの時間で力を付けたい」。メンバー入りできない部員の協力や応援も力にし、「心を一つに本番へ」と表情を引き締めた。

【剣道】 稽古の成果気負わずに―松商学園

◇女子団体=松商学園(三浦彩希、黒鳥真央、倉田芽依=以上3年、上島華=2年、山本結奈、倉田小晴、平島弥佳=以上1年)
大正時代の創部という校内でも歴史と伝統を誇る部。女子団体のインターハイ出場は2003年以来、18年ぶり7度目。OGらの期待も背負って挑む。
大将の倉田を中心に、実力がある1、2年生を団体メンバーに加えた。「例年は3年生主体だったが、それでは勝てない。心を鬼にし、完全実力主義の部内戦でメンバーを選んだ」と女子主将の倉田。
県代表を懸けた県総体決勝は、昨秋の県新人大会決勝で代表戦の末に惜敗したライバル、佐久長聖と再戦。5|0の完勝で雪辱した。
新型コロナの影響で県総体が中止になった昨年、一部競技は代替大会が開かれたが、剣道はなかった。選手は「無念のまま引退した先輩たちの分まで頑張る」との思いが強い。
全国の舞台は全員が初めて踏む。「ずっと目標にしてきた。気負わずに、厳しい稽古を積んできた成果を出し切りたい」と中堅の黒鳥。先鋒(せんぽう)の三浦は「ここまで支えて応援してくれた両親、監督、仲間たちに感謝。恩返しできるように、まずは一本取って有利な流れをつくりたい」と力を込める。

【テニス】 46年ぶり爪痕残したい―松本深志

◇男子団体=松本深志(前川泰威、今井悠、廣間楓也=以上3年、藤澤洸紀、岡紀良=以上1年)
開催地枠の県第2代表の座をつかみ、1975(昭和50)年以来、実に46年ぶりのインターハイ出場。競技は松本市浅間温泉庭球公園を主会場に行い、団体は8月2~4日に試合がある。県第1代表で上位を狙う松商学園に負けじと、地元開催に闘志を燃やしている。
団体はシングルス2人とダブルス1組が対戦し、2勝先取で争う。チームは第1シングルスがエース前川、第2シングルスは左利きの今井、ダブルスは藤澤・岡のペアが基本の構成。リザーブの廣間がサポートする。
県総体は、24連覇した絶対王者の松商に決勝で完敗したが、もとより狙いは開催地枠。3年生は入部時から、2年後に地元で開かれるインターハイを見据え、2枠目の奪取を目標にしてきた。
準決勝の屋代戦は相手を分析し、1年生の藤澤を初めて第2シングルスに起用。作戦が見事にはまり、前川と藤澤が勝利した。
部を指導するコーチはおらず、練習メニューも試合中の作戦も、すべて自分たちで考える。主将の前川と部長の今井は「皆で勝ち取ったインターハイ出場。1ポイントでも多く取り、悲願だった夢の舞台に爪痕を残したい」と気合が入る。

中信地区そのほかの出場者

【陸上】▽男子重田篤希(松本深志)、酒井幹汰(豊科)、川上大輝(松商学園)、小平将斗、髙橋勇翔、中谷息吹、梶川新(松本国際)▽女子宮本純伶(松本県ケ丘)
【柔道】▽男子草間燎、菅原翼、大井陸、五十嵐大斗、北原楓大、小林優太、百瀬泰信(松本第一)、小島広己(松本工)▽女子栁橋りな、矢澤愛理、山下朱音、宮尾若那、塩原未々、清水夏美、小林祐月、石原なお(松商学園)、中野遥(明科)
【ソフトテニス】▽男子伊藤颯太、堀龍斗、小森悠矢、野口拓麿、中澤健人、篠原正伸、塙芳征、平林和真(都市大塩尻)▽女子唐澤すみれ、関口みれい(松商学園)
【テニス】▽男子松本洵、藤田透伍、山田麗生、服部龍真、佐藤碧空、原爽斗、佐野愛斗(松商学園)▽女子中山友里、渡邊望乃、砂田未樹、瀬戸祐希奈、山﨑さくら、吉田琴美(松商)
【バレーボール】▽女子都市大塩尻(伊藤舞理凜、北村莉来、宮下晴名、川田詩織、藤澤歩夢、上村香苗、伊藤采音、黒河内美羽、北村萌恵、飯島茉優樹、荒木香帆、清水世奈)
【卓球】▽男子安藤実慶(松商学園)▽女子伊藤優鈴、丸山陽菜、増田華、岡野華奈(松商)
【バドミントン】▽男子森優樹、三石達万(蘇南)▽小澤梨恋、後藤栞(蘇南)
【体操】▽男子國府方翔月、吉田雷輝(大町岳陽)▽女子國府方杏月、桐原楓乃、川口海(岳陽)、勝野沙夏(白馬)
【新体操】▽男子室賀友祐(松本筑摩)
【相撲】髙橋透真、美齊津葉生、狩戸愛哉、神山耕輔、髙本智広、長田健汰、中田陸登(木曽青峰)
【弓道】▽男子小瀬木悠馬(木曽青峰)、成田拓未(松商学園)▽女子石井澪(松本県ケ丘)
【サッカー】▽男子都市大塩尻(石見凜汰朗、北野大和、川原拓真、上坪卓真、後町大夢、和田哉太、宮坂奏汰、下平祥大、髙井伸之輔、中嶋総太郎、髙木彪雅、遠藤樹、櫻井琉二、村松空清、髙橋透生、清野夢純、高橋圭太)
【重量挙げ】▽男子原大輝、今溝龍生、内藤丈路、下平青空、久保田龍雅、下里鷹裕、荒井雷彪、三浦快介、飯嶌蒼翔(松商学園)▽女子大月梨莉、横内彩夏、竹内悠姫、原山友那(松商)
【自転車】▽男子中島壮琉(松商学園)、小山大登(エクセラン)、加科爽人、小松篤史(松本工)
【空手道】▽男子相川透輝、髙木天太、竹内絃喜、両角晃、髙橋征也、松本拓海、森山幸亮(松本第一)、山口由眞(松商学園)、吉澤皐(松本県ケ丘)▽女子宇海友里加、大平早紀、傳刀鈴菜、久保田結、小林來凪、山﨑朱歩、相川流璃、五味愛衣(第一)
【なぎなた】▽女子町田栞、山下眞奈(大町岳陽)、井藤圭都、鈴木唯花(松商学園)