【NEW!OPEN】定食の店・食堂ごあん(松本市安曇)

ほっこりする「ふるさとごはん」

店長の高田世莉奈さん(28)が「おいしい食事を手作りし憩いの場にしたい」と、松本市役所安曇支所近くの築60年ほどの古民家をリノベーションして「ほっこり、みんなのふるさとごはん」をテーマに始めた。靴を脱いで入る店内は、4人掛けのテーブル3つと2人掛け2つの落ち着いた空間だ。
定食は日替わりで肉と魚の2種類あり、肉は特製だれに漬け込んだ山賊焼きや豚の角煮などが自慢。魚は沼津直送の干物中心で、イワシやカマスが人気。数種類の小鉢が付いて850円。ドリンクセットは1000円。手作りのプリンと飲み物のデザートセットは1200円。昼のテークアウト弁当は日替わりで650円(当日午前10時までに要予約)。
店名は高田さんの子どもが「ごはん」と言えずに「ごあん」と言う姿がほほ笑ましくて名付けた。「喜んでもらえるメニューを増やしていきたい」と高田さん。夜の弁当やおかずセットも始める予定だ。座席数が少なく、事前の予約がお勧め。
午前11時~午後2時半。金、土曜は6~9時の夜の営業も。日、月曜定休。TEL0263・88・5808