8年ぶり満月 雲間にのぞく明け方の名月

秋の風情…早朝の松本城公園

旧暦8月15日の中秋に当たる9月21日夜、中信地方でも8年ぶりの満月が楽しめた。
翌22日早朝、西の方角に、明け方の名月が時々、雲間からぽっかり顔を出した。
松本城公園の周りを走り始めた午前5時10分ごろには、月の気配はなかった。5分ほどたつと一瞬、真ん丸の月が雲間からひょっこり。慌ててスマートフォンを取り出しレンズを向けたが、あっという間に流れてきた雲に隠れてしまった。
気を取り直して走り始めると、東の空が朝焼けに染まりだし、国宝松本城天守と一緒にパチリ。振り返ると、月が雲の切れ目から再び顔を出していた。市役所前まで猛ダッシュして、ようやくカメラに収めた。爽やかな10キロランニングだった。早起きは三文の徳。