「氷上の格闘技」アイスホッケーの魅力知る体験会

アイスホッケーの楽しさを多くの子どもに知ってほしい-と、岡谷市の「やまびこスケートの森アイスアリーナ」で体験会が開かれた。中信地域などの年中園児~小学5年生18人が「氷上の格闘技」の魅力に触れた。
ジュニアアイスホッケークラブ「やまびこバスターズ」に所属する小学校高学年と中学生の選手が、参加者1人ずつに付いて指導した。スケート自体が初めてという大嶋倖永(ゆきと)ちゃん(5、辰野町)は「楽しい。またやりたい」。
クラブの保護者会をまとめる鈴木大介さん(46、塩尻市洗馬)は「近隣でアイスホッケーができることを知ってほしい」と話す。
メンバーは随時募集中。問い合わせや詳細はクラブのサイトからか、メール(yamabiko.busters.taiken@gmail.com)で。