写真で「ハロウィーン」コンテスト

塩尻市で例年10月末に開かれるイベント「ハッピーハロウィーンinしおじり」が、コロナ禍で2年続けて中止になったのを受け、主催する実行委員会が「ハロウィーンの雰囲気を味わってほしい」とフォトコンテストを企画した。仮装して写った作品を17日まで募っている。
「おうちでフォトコンテスト~また笑顔で会える日を楽しみに」と題した。年齢などに制限はなく、仮装していれば1人でも家族やグループでもよい。「ハッピー─」のホームページ(HP)や、イベントのポスターに記載のQRコードから送信する。
応募は1人1点。実行委が審査して入賞6点を選び、金賞に菓子1年分、銀賞に菓子半年分などの景品を贈る。30日に市民交流センターえんぱーく(大門一番町)で表彰式を開く。
応募作品はHPに掲載する予定。吉村和道実行委員長は「また大門商店街に集まってにぎやかに催せるその日まで、塩尻のハロウィーンを忘れずにいてほしいと願って企画した。力作をお待ちしています」。