松本でテイクアウトマルシェ

年内開催に向けCF

松本市のイベント企画団体「LAND」は、主に市内の飲食店などが出店する初企画「テイクアウトマルシェ」の年内開催に向け、クラウドファンディング(CF)で資金を募っている。桐山大地代表(30)は「参加店にもお客さんにも喜んでもらえ、仕事も生まれる。皆がお得な企画にぜひ協力を」と呼び掛けている。
目標額は200万円で、期限は11月13日。返礼品は参加飲食店で使えるクーポン券(5000円を支援した人に7000円分、1万円を支援した人には1万5000円分)などを用意。参加店は居酒屋、ダイニングバー、丼物の店の他、総菜店や菓子店なども予定。集まった支援金は主に会場費に充てる。
コロナ下の飲食店を応援しようと市内の商業施設などで行った全6回の「お弁当マルシェ」が前身。桐山さんは「これからはできる限り長い期間で開き、いずれは常設したい」と話している。
CFのサイトへはLANDのウェブサイト=QRコード=から。開催日時と会場は決まり次第ウェブで発表する。