【NEW!OPEN】食堂・ひげじい食堂(塩尻市広丘吉田)

山形村で「レストランひげじい」などを経営する「ひげグループ」の系列店。フレンチや和食居酒屋などのシェフとして、県内や首都圏で腕を振るってきた神澤秀一さん(54、安曇野市穂高有明)が切り盛りする、レアに揚げた牛カツが売りの店だ。
揚げる時間はわずか1分。カリッとした衣とジューシーな牛カツの食感が絶妙。牛カツ定食はカツが100グラム(950円)から300グラム(1850円)まで4段階あり、大根おろしソースやわさびなど4種類の調味料を添える。牛カツカレー(950~1350円)や、2日間煮込んだ牛すじを使う牛筋カレー(800円)も人気。
6種類ほどある定食すべてに山形村産の長イモのとろろが付く。「味では絶対に妥協しない」と、ソースやドレッシングなどもすべて手作りだ。
店はパチンコ「アプロ北インター店」に併設。店の入り口を入った右手にある。「パチンコ店の利用者だけでなく、地域の人もぜひ足を運んでほしい」と神澤さん。
午前11時半~午後3時(土、日曜は8時まで)。不定休。固定電話なし。