【NEW!OPEN】パンの店・Ko(安曇野市堀金烏川)

保育士のかたわら自分のペースで

店主の臼井佳奈さん(34)が、亡くなった祖母の家を改装し始めた。保育園に勤めながら、水、日曜の週2日だけ開き店に立つ。店内には定番のほか、スイーツ、総菜、ベーグル計10種以上が並ぶ。
パンには卵や乳製品でなく、野菜や果物の水分、豆腐を使いしっとり感を出す。そのため優しい味に仕上がるという。素焚糖(すだきとう)を使った「メロンパン」(120円)は軟らかな甘さ。「カレーパン」(同)は辛さを抑え、焼いて仕上げる。秋のお薦めは「スイートポテトパン」(同)。
元々料理が好き。材料が分かる安心安全なものを食べたいと、5年前からパン作りに取り組んでいる。頑張るのが仕事─と思っていたが、「自分のペースでできる仕事、楽しみながらできる仕事」と考えた時、保育士をしながらパンの店を開くことを思いついた。
店名のKoは子どもの「こ」、心の「こ」から。「丸いイメージがしっくりきた」という。「いろいろな人に助けてもらいオープンできた。あらためて人とのつながりの大切さを感じている」
午前10時~午後4時。TEL090・4462・8284