【NEW!OPEN】葬祭業・音楽葬松本(松本市笹賀)

生演奏で安らぎと感動を提供

葬祭業の新たなスタイルとして、「音楽で故人を送る葬儀」を前面に掲げる。バイオリン、フルート、ピアノ、聖歌隊など、プロによる生演奏が流れる中で、故人との別れのひとときを過ごす場を提供する。
音楽を聴きながらお別れをすることで、故人への思いを深くし、遺族にとっても印象に残る葬儀になる―と同社。曲目は、故人を送るのにふさわしい曲を同社が7~10曲選ぶ。
参列者が献花をする際に演奏。また、遺族から故人の人となりや経歴が分かる写真、動画の提供を受けて編集して会場で上映。故人をしのぶ。
前夜式、納棺、火葬式からの流れで音楽葬に入る形で、奏者1人で15万円~、奏者3人で17万円~、奏者5人で20万円~。納骨式を執り行う場合はプラス2万円。音楽葬を伴わず火葬式のみだと10万円~。近年、増えている家族葬や限られた身内だけの葬儀、身寄りの無い人の葬儀にも対応する。
代表の伊藤正明さん(67)は「音楽の生演奏を通して、安らぎと感動のセレモニーを提供します」と話している。同社TEL0263・57・0002