キッセイ文化ホール クリスマスフェス初開催

音楽のクリスマスプレゼントをみんなで楽しんで─。松本市のキッセイ文化ホールは25日、初めての「まつぶんクリスマスフェスティバル」を開く。大ホールをはじめ全館を使い4つの公演を順次行う企画で、入場は無料だ。
フェスは「コロナ禍が続く中、世の中を元気づけたい」と内容を検討。子どもから高年者まで幅広い世代に気軽に楽しんでもらえるよう、大ホール、中ホール、玄関ホール(エントランス)をすべて利用する構成にした。
同ホールは2019年9月から大規模な改修工事を実施。20年8月にリニューアルオープンしたが、これまでコロナの影響で催しが少なかったことから、「多くの人に全館を見てもらいたい」(金井貞徳館長)との思いもある。
出演は、日本を代表するトロンボーン奏者の藤原功次郎さん、医療現場などでパーカッションによる癒やしと健康を提供する富井瑛之さん、松本市在住のオルガニスト小林淳子さんら。SK松本ジュニア合唱団はこれまでクリスマスの時期に単独でコンサートを開いていたが、今回はフェスの中で行う。
4公演は次の通り(敬称略)。
▽2021 X’masコンサート 午後1~2時、中ホール。SK松本ジュニア合唱団
▽マインドフルネス・パーカッション~地球を打ち鳴らせ! 2時半~3時半、大ホール。富井瑛之
▽オルガンが歌うクリスマスキャロル 4~5時、玄関ホール。小林淳子
▽藤原功次郎ニコニコクリスマスコンサート 5時半~6時半。藤原功次郎、原田恭子(ピアノ)
問い合わせはキッセイ文化ホールTEL0263・34・7100