なごり雪「白い春ラン」 2種目で県民計742人が完走

「春の松本ランニングフェスティバル2022」(TOYBOX・MGプレス主催、実行委員会主管、信濃毎日新聞社共催)は19日、信州スカイパーク(松本・塩尻市)で開いた。
前夜からの「なごり雪」で辺り一面、真っ白な風景に。雨や雪はスタートまでにやみ、早朝からボランティアらが雪かきに尽力。最初の10キロの部のスタートを30分繰り下げ、初めての「白い春ラン」にこぎ着けた。
「雪で足元は悪かったが、これまでと雰囲気が違って新鮮。より思い出に残る大会になった」と、10キロの部でトップでゴールインした黒岩優斗さん(20、安曇野市堀金烏川)。
コロナ禍を受け、今大会は参加者を県内在住の19歳以上に限定して開催。10キロとハーフマラソン(21・0975キロ)の2種目で計742人が完走した。