やぶはら高原大会 渓流釣り参加者募集

木祖村や村商工会などでつくる「やぶはら高原イベント実行委員会」は、6月に開く「やぶはら高原渓流釣り大会」の参加者を募集している。コロナ禍で3年ぶりの開催。1987年に始まった同村の釣り大会は参加者の減少などで、一般対象の大会は今回で終了する。
第1部は4日午前7時から、同村小木曽の木曽川支流・笹川で。タナビラ100キロ、イワナ200キロを放流予定。釣果や魚の大きさなどは競わず、清流の中でじっくりと釣りを楽しむ。定員150人。6時15分~正午に受け付けを済ませると、翌5日も釣れる。
参加費4000円(当日5000円)、小中学生は当日とも2000円。3、4日のいずれかに、村内の宿に1泊すると参加費が半額に、2泊すると無料になる。
第2部は小学生対象で、11日午前9時半から、こだまの森(小木曽)キャンプ場内の渓流釣り場で。マス70キロを放流予定で、木曽川漁協の有志らが、釣りの楽しさを教える。初心者歓迎。
参加費1500円(竿レンタル代と餌代を含む)。バケツや網、持ち帰り容器などは持参する。当日参加は受け付けない。
申し込みは1、2部とも村観光ホームページ=こちら=から。締め切り5月13日。往復はがきでも受け付ける。
実行委などは大会終了後も、「テンカラ(毛針)釣り」優先区域の設定などシーズン中に長期間にわたり、村内の渓流に親しむ機会を増やす取り組みを検討している。問い合わせは実行委事務局(村役場内)TEL0264・36・2766