松川中央公園に電子ピアノ設置「OPEN PIANO」

広場中央に電子ピアノを置き、訪れた人が開放的な空間で自由に弾けるというユニークな企画「OPEN PIANO」が23日~5月1日、松川村すずの音ホール西側に広がる松川中央公園(愛称・リンリンパーク)で開かれる。「住民のアイデアや声を形に」と、村地域おこし協力隊員に今月着任した松本寿治さん(38)が発案した。
松本さんは大阪府出身で、空間を生かしたディスプレー業などを経験。デザインの技術を生かし、公民館を拠点に地域の活性化に取り組む。
着任後、同公園で子育て世代の親子と会話する中で、「公園に楽器があったら触れてみたい」という声が聞かれたため、「遊具以外に、遊びのコンテンツが多様に存在してもよいのでは」と思案。「公園には今までなかった違和感のあるものを仕掛け、目を引こう」と考え、ピアノの設置を思いつき、実現に向けて動いた。
村公民館事業として行う。利用人数や反応を把握するため、アンケートとドネーション(寄付)をしてもらう計画。今後もさまざまなスタイルで住民のアイデアを形にしていく考えで、寄付金は全額次回のプロジェクトに活用する。
松本さんは「松川村だからこそのロケーションで、ぜひ自由にピアノに触れてほしい」と話す。
ピアノを置く時間は午前10時~午後4時。雨天や荒天時は中止する。問い合わせは同公民館TEL0261・62・2481