「がん」みんなで考えよう

31日塩尻市立図書館で初企画

「がん」について、地域の図書館で、家族で考えよう─。塩尻市立図書館は31日、初の企画「みんなのがん教室@図書館」を開く。
同館は12年前、市の複合施設「えんぱーく」内に新装した当初から「課題解決型図書館」を標ぼう。「医療・健康情報サービス」の提供は重点の一つで、2階に緩和ケアや闘病記のコーナーを設置。がんのコーナーも充実させ、関連本を同じ棚にまとめたほか、専門機関が作った市民向けパンフレットを多数並べるなど、情報発信に取り組んできた。
今企画は、昨春同市で発足したがん教育を進める市民団体「がんサポートおむすび」の働きかけで実現。代表でがん経験者の小口浩美さん(54)と市内の養護教諭の話のほか、関連本の紹介もある。
午前10時~同45分、対象は小学4年生から大人。要申し込み。同図書館TEL0263・53・3365