シナノカメラ×富士の湯 手まり照明でライトアップ

松本市の小型精密機器製造のシナノカメラ工業(寿北3)と銭湯富士の湯(本庄2)が、期間限定でライトアップイベントを開いている。
同社が商品化した、伝統工芸品の松本手まりを模した小型照明「てまり風照明なごみ」で、富士の湯の入り口や脱衣所などをライトアップする。
同社は昨年秋、若手社員で新商品開発プロジェクトをつくり始動。「伝統×最先端技術」をテーマに決め、SNSで好評だった照明を商品化することに。オルゴールや小物入れなどの案も出たが、松本手まりをモチーフとした商品開発が決まった。LEDライトの温かみのある光と浮き出る柄が特徴。
同社がモニターとして富士の湯に声をかけたところ、「地域を盛り上げられたら」と快諾。イベントを企画した。
生産技術部の齊藤嶺さん(30)は「お土産やインテリアとしてもお薦め。富士の湯で実際に見てもらえたらうれしい」、富士の湯の阿部憲瑞(のりみつ)さん(26)は「銭湯と温かな光で、癒やしの空間を提供できれば」と話す。
ライトアップは12、13、15日。期間中は水風呂も実施。午後3~8時。富士の湯TEL0263・36・5395