堀六平さん 音楽活動50周年

8月27日記念コンサート

安曇野市豊科のシンガー・ソングライター堀六平さん(76)の音楽活動50周年記念コンサート「大歌まつり」(信州かわせみ歌声会主催)が27日、豊科公民館ホールで開かれる。2019年に予定していたが、新型コロナ禍などのため3年遅れて開催。これまでに県内外3カ所で開き、フィナーレを地元で飾る。
50周年記念のアルバム「喜寿淡々」に収録した「七ケ巻の渡し」「俺のかあちゃん」など約20曲を歌う。定番の「信州かわせみ音頭」は、踊りも披露。コーラスは、堀さんが開く歌声喫茶の選抜メンバーが担当する。
キーボード奏者の玉井亜紀さん、マンドリン奏者の折井清純さんらがサポート。同市を拠点にさまざまな地域づくり活動をする等々力秀和さんがゲスト出演する。
堀さんは1969年、高校の同級生らとフォークグループ「わさびーず」を結成。アルバム「木曽の花嫁さん」でメジャーデビューした。コンサート活動だけでなく、テレビ、ラジオなどにも出演。現在はソロで活動し、歌声喫茶も開いている。
堀さんは「自分のフォークソングの神髄は、安曇野(古里)、そして両親への愛。それを歌の中に練り込んでいる。これが(大がかりなコンサートの)最後になるかもしれないので、聴きに、見に来てみましょ」と話している。
午後1時半開演。3500円。予約、問い合わせは同会事務局TEL080・6288・9611