松本市の美容室2店が火災被害 復活へ支援金募る

美容師仲間が協力しサイト開設

3月中旬に松本市大手2の5階建てビルの4階から出火した火災で、1、2階にあった美容室「kava(カーヴァ)」「KAVALB(カバルブ)」が被害を受け、現在仮店舗で営業せざるを得なくなっている。以前のような店舗を改めてオープンすることを目標に、美容師の仲間たちが力を貸すことになった。
「同じ業界で切磋琢(せっさたく)磨(ま)することで、美容室の存在が総合的に良くなれば」と、同組織は約8年前から、美容の勉強会やイベントなどを開いてきた。今回は「仲間がまた同じステージに立ち、奮闘してほしい」と、支援金を募るサイトを開設した。
発起人で美容室BELPA(ベルパ)代表の高橋亮太朗さん(45)は「仲間として助けたい。活動を少しでも多くの人に知ってもらえたら」と話す。これまでに知人や客などからの支援金があったといい、kavaとKAVALB代表の山木克樹さん(48)は「感謝でいっぱい。心が折れそうな時に応援してくださる皆さんに救われた。今後の活動に全力を尽くしたい」と話している。
店舗でのトリートメントチケットやヘアバター、ヘアオイルなどの返礼品もある。
支援金についての詳細はサイトから。