農業への愛も込め ビニールハウスで結婚披露パーティー

松本市寿北の塩原大さん(39)、法子さん(39、旧姓前澤)は10日、結婚披露パーティーを農業用ビニールハウス(寿北)で開いた。農業を営む大さんが仕事への愛着とコロナ対策を兼ね、開放的な空間で来場者をもてなそうと企画した。
当初は畑を会場に予定したが、前日降った雨に配慮し、隣接するビニールハウスに変更。テーブルと椅子を並べ、仕出し弁当のほか、地元の旅館や居酒屋などによるキッチンカーやドリンクバーを用意。約80人の招待客が楽しんだ。
塩原さん夫婦は9月15日に入籍。この日は正蓮寺(同)で親族による仏前式をした後、ビニールハウスへ移動して人前式とパーティーをした。会場には軽トラックに乗って登場し、ライスシャワーの米は大さんが育て収穫した新米を用いるなど、農家ならではの趣向を凝らした。
JA松本ハイランドによると、組合員で畑での披露パーティーは初という。心配した雨も降らず大さんは「晴れて良かった。畑でできて本当にうれしい」、法子さんは「この場所に皆さんが来てくれたことに感謝。最高です」と笑顔を見せた。