木祖村「aroma salonさくらさくら」リニューアル

木祖村小木曽の「aroma salon(アロマ・サロン)さくらさくら」が10月29日、リニューアルオープンした。以前はオーナー清水えり子さん(47)の自宅の一室を利用していたが、両親や叔父と自宅の玄関横に店舗を新築。新メニューを導入したほか、12月末まで割引キャンペーンをする。
広さ約30平方メートルの部屋を、基礎工事から外壁まで手がけた。英国のアンティークステンドグラスを入り口近くにはめ込み、中央アルプス・木曽駒ケ岳を眺められる窓を設けた。国産のヒノキ材を梁(はり)に使い、淡い緑色を基調にした壁など、落ち着いた空間にした。
リニューアルを機に、木曽駒ケ岳が見える情景をイメージした、2種類のオリジナルブレンド精油とアクセサリーを開発。また、フットバス(足湯=12月末まで20分2200円、通常2750円)を導入し、洋服を着たまま体を温めリラックスできるようにした。
同店は4年前に開店。アロママッサージ、ホットストーン(温めた玄武岩)、アロマトリートメントなどのほか、出張アロマ講座などを開いている。「手作りした空間で、短時間でも癒やしを感じてもらえればうれしい」と清水さん。
12月まで、ハンドトリートメントとフットバスを組み合わせた新メニューなど、対象メニューが割引になる。詳細は = ホームページ
女性限定。完全予約制。午前10時~午後6時半、不定休。