皆既月食と天王星食の共演 442年ぶり世紀の天体ショー

地球の影に満月が完全に隠れる皆既月食に惑星の「天王星食」が共演するダブル天体ショーが8日夜、県内各地で観測された。
今回は、1580年(安土桃山時代)以来442年ぶりの世紀の天体ショーだ。訪れた快晴の塩尻市・高ボッチ高原は、世紀の天体ショーを一目見ようと県内外からの天文フアンや写真愛好家、家族連れで大にぎわい。
午後6時9分に始まった部分食が7時16分、鮮やかな赤銅色の皆既食に変わると一斉にカメラのシャッター音が響いた。
8時15分。天王星食の時刻が近付き緊張感が走る。8時37分。皆既月食の左下部分に天王星が接触し潜入。約50分後、部分食中の右下部分から現れた。
国立天文台によると、次に起こる皆既月食と惑星食は2344年7月の「土星食」で322年後になる。(丸山祥司)