「麺と鉄板焼きつづら」個室学習スペース新設

松本市笹賀の「麺と鉄板焼きつづら」が1日、リニューアルオープンした。これまで夜は鉄板焼きの「がじゃもんや」、昼は「らーめん部がじゃがじゃ」として営業していたが、改装して一つに統合。また広さを生かし、飲食店としては珍しい個室の学習スペースも店の一角に新設した。
日原誠さん(44)が16年ほど前から「がじゃもんや」を営み、3年前からは妻の亜季さん(34)が昼の時間を活用してラーメンを提供してきた。設備の関係で時間帯を分けていたが、大幅改装したことで1日通して全メニューを提供できるように。ラーメンの一番人気は濃厚な鶏だしの「トリコツしょうゆラーメン」(830円)。種類豊富なお好み焼き、もんじゃ焼きも好評で、キッズルームも完備する。
「つづら学習スペース」は、月額2200円の通い放題。小学5年、3年、2歳の子を持つ亜季さんは「子どもが集中して勉強でき、自己肯定感を高められる場所が欲しいと思っていた」といい、放課後の小学生や受験生などの活用を期待する。スタッフは学習指導はしないが「褒め役」を担い、「地域貢献にもなれば」と意気込む。
「夫婦で協力して二つのおいしさを届け、幅広い世代の人に喜んでもらえる店にしたい。予約が確実です」
午前11時~午後3時、5~9時半。不定休。TEL0263・85・0840