「春ラン」参加者募集

23年3月11日開催 10キロとハーフの2部門

「春の松本ランニングフェスティバル2023」(春ラン、TOYBOX・MGプレス主催、信濃毎日新聞社共催、春ランユナイテッド主管)は来年3月11日、松本市・塩尻市にまたがる信州スカイパーク内のコース「信州スカイロード10」で開く。12月1日から参加申し込みを始め、来年1月31日まで募集する。
参加者は19歳以上男女。(1)10キロ800人(2)ハーフ1000人の合計1800人。
実行委員会に当たる春ランユナイテッドは、前回に続き大会基準のコロナ仕様により、開催を決定した。
チェアマンの白澤聖樹さん(51、長野陸上競技協会理事)は「今まで発着点だった陸上競技場が新設される関係で今大会より、やまびこドームとなった。新しい春ランのスタイルを楽しんでほしい。また冬の練習の成果を十分に発揮するとともに、北アルプスや公園内の雄大な景色を楽しみながらレースを満喫してほしい」と話す。
最新情報は春ラン公式サイト(http://harurun-skypark.jp/)、または春ランで検索)へ。

【募集要項】
▽開催日2023年3月11日(土)
▽参加費10キロ5500円、ハーフ6600円
▽スタート10キロ午前8時半、ハーフ10時
▽定員10キロ800人、ハーフ1000人
▽申し込み方法12月1日から23年1月31日までに、ウェブサイト「スポーツエントリー」「ランネット」から大会基準のコロナ仕様に任意同意の上、エントリー。
大会当日、体温計測など電子チケット(体調管理チェック回答フォーム)の協力が必要。定員になり次第、締め切り。
▽その他参加者全員に記念品。完走者にウェブ版完走賞を贈呈
▽問い合わせ春ランユナイテッド事務局(TOYBOX内)TEL0263・57・2211