漫画で見るウサギあるある

ウサギは身近な動物。ペットとして飼っている人が大勢います。かつては羊のように毛を取るために飼っていた農家も多かったとか。野ウサギは狩猟の対象になるなど、人間との接点はいろいろと多いようです。
となると、ことわざや慣用句に登場する機会も増えるというもの。特に日本人には「ウサギ=月」という連想が強く刷り込まれています。童謡や昔話でも多数登場するし、「漫画の元祖」といわれる国宝「鳥獣人物戯画」でも大活躍しています。
そこで、中信地方出身の漫画家きゃめろんさんに、4こま漫画でウサギと人の関係を描いてもらいました。きゃめろんさんが新年の漫画を本紙に描くのは、昨年に続いて2回目です。ウサギと人の織りなすドラマ、お楽しみください。

画:きゃめろん 松本第一高校出身。pixivコミックで「寿命ですよ、お客さま」連載中。