松本ヴィガ バレー体験会初開催

松本市の小学生バレーボールチーム「松本ヴィガフェニックス(男子)」「松本ヴィガエンジェルス(女子)」は29日、初心者向けの体験会を初めて開く。昨秋に6年生が引退し、男子は“存続の危機”に。広く参加者を募り、魅力を知ってほしいと期待する。
創設から30年近くたつ伝統あるチーム。新体制になって男子は3~5年の6人、女子は1~5年の15人で週4日(水、金、土、日曜)練習している。市内のほか麻績村から通う児童もいる。
男子は昨年の公式戦で中信地区代表として県大会に出場し、3位になる活躍を見せた。しかし、小学生バレーは他のスポーツと比べて競技人口が少なく、特に男子の減少が顕著なため「存続には新規メンバーが不可欠」と、バレーボールに触れる機会をつくることにした。
保護者会長の百瀬文(ふみ)葉(よ)さんは「経験がなくても基礎から丁寧に指導してもらえる。生涯スポーツの上、小さい子でもサーブで点が取れるなどチームに貢献できるし、同じ目標を持つ仲間ができるのは財産になる」と話す。
体験会は午後1時半~3時半、練習会場の芝沢小(和田)体育館。問い合わせは百瀬さTEL090・8031・0784。詳細はインスタグラム