生徒とプロ共演 7年ぶり音楽発表会

松本市並柳のピアノ教室「望月音楽教室」は15日、同教室に通う生徒とプロ奏者による発表会「光の音コンチェルト・コンサート」を市音楽文化ホール(島内)で開く。
同市と伊那市の教室に通う年中児から大人まで70人が、バイオリンやビオラ、チェロ、フルートなど弦・管楽器の演奏家8人でつくる「アンサンブル音(おと)庵(あん)」とそれぞれ共演する。
「機会が少ない弦・管楽器との共演を体験させたい」と始め、今回は7年ぶりの開催。代表の望月玲子さんは「生徒にはアンサンブルする楽しさを知ってもらいたい。聞く人も演奏を通して音楽に親しみを持ってもらえたら」と話している。
入場無料。1部は午前11時、2部は午後3時から。問い合わせは同教室TEL0263・26・9584