食卓に“あやみどり” 山雅オリジナルのソース 直売所でも展開

サッカーJ3松本山雅FCの運営会社(松本市)が、農業プロジェクトで栽培した緑色大豆「あやみどり」を使ったミルクソースとピザソースを製造販売している。「地元産あやみどりを日々の食卓で食べてほしい」と企画した商品で、山雅の加工食品では異例の地域の直売所などでも展開している。
ミルクソースはつぶした豆に練乳などを混ぜ、まろやかな甘さが味わえる。ピザソースは豆が形を保ったまま入り、トマトベースのスパイシーな味わい。パンやクラッカーに付けるのがお勧めという。
子どもたちに喜んでもらおうと、ラベルは豆と山雅のマスコットキャラクター「ガンズくん」を特別にデザイン。ラベル貼りは障がい者サービス事業所に委託し、商品の売り上げの一部が作業工賃に充てられる。
6月1日にJ3リーグ戦が行われたサンプロアルウィンで売り出し、現在は喫茶山雅(大手4)と同飯田店(飯田市)のほか、松本市のアルプス市場(寿白瀬渕)、清流の里梓川(梓川倭)、市中央図書館内の喫茶パノラマ(蟻ケ崎2)、わいわい広場(浅間温泉1)、ドリームワークス(神林)と、安曇野市の安曇野ベース(豊科南穂高)で取り扱っている。
ともに110グラム入り650円(喫茶山雅は600円)。問い合わせは松本山雅TEL0263・88・5490