• 2021/10/16

【記者兼農家のUターンto農】#27 脱穀

作業日程はもみの水分率次第 「17.3ですね。あと1.5くらいは、下げた方がいいと思います」。近くのライスセンターで、職員に告げられた。もみの水分率を […]

  • 2021/10/14

鎌田中吹奏楽部 全国大会に挑む

2年ぶり開催 東海地区代表に コロナ禍で2年ぶりとなる全国大会に、東海地区(長野、愛知、三重、岐阜、静岡)の代表として挑む。 23日に名古屋国際会議場 […]

  • 2021/10/14

蟻ケ崎高創立120周年 記念式典映像を配信

16日在校生の演技も収録し発表 本年度に創立120周年を迎えた松本蟻ケ崎高校(松本市)の記念事業実行委員会は16日、事前に収録した記念式典の映像を、同 […]

  • 2021/10/06

美須々ケ丘高書道部 平和への祈り筆に込め

戦争のない、コロナ禍のない、平和な世界に─。 祈りを込めて書いた縦4メートル、横5メートルの巨大な書を前にジャンプするのは、松本美須々ケ丘高校書道部の […]

  • 2021/10/02

【記者兼農家のUターンto農】#25 稲刈り

はぜ掛け、やりがいと限界 稲刈りのたびに思い出す言葉がある。「秋の日はつるべ落とし」。秋の日は、井戸のつるべが落ちるように、瞬く間に沈むという意味だ。 […]