CATEGORY

Crossroad 創商見聞

県内の商工会議所を5地域に分け、多様化する中小企業、小規模事業所の経営支援を目的に「広域連携支援事業」が行われている。中信エリアは松本、大町、塩尻商工会議所。支援する広域専門指導員の主な業務の1つ「創業・経営支援」を中心に商工会議所の取り組み、状況などを紹介する。(編成 :松本商工会議所中信地区広域専門支援センター広域専門指導員 野畑吉永)

  • 2021/04/11

[創商見聞] No.58 浦沢 昌徳 (長野県製薬)

おなか元気で 毎日笑顔 ―現況は  コロナ禍で、工場見学の中止や観光客激減に伴う地元観光地での売り上げ減少などの影響は受けました。もともと、一般用の胃 […]

  • 2021/03/07

[創商見聞] No.57 田中 隆一 (大信州酒造)

食卓の片隅にある工芸品目指して ― コロナ苦  コロナ禍が広がり緊急事態が宣言された昨年4月、売り上げは前年同月比47%と半分以下になり、経験したこと […]

  • 2021/01/03

[創商見聞] No.55 山本寛昭 (燈り屋)

「八方よし」目指して ―鶏なら飼えそう?  大手ファストフード店で10年ほど働いた後、独立して弁当屋を5年経営してました。残念ながら店を閉じ、再度同社 […]