CATEGORY

農業・環境

  • 2021/11/27

【記者兼農家のUターンto農】#33 霜の影響

冬信州ならではの地産地消 今年、自家用の果物は、あまりできなかった。リンゴもナシも。春先のこの連載で遅霜のことを書いたが、そのせいかもしれない。 県内 […]

  • 2021/11/20

【記者兼農家のUターンto農】#32 稲わら

使い道いろいろ、農事の要 カンリキ・リターンズ。小さな耕運機、管理機で久しぶりに小さな畑を耕した。畑も冬支度だ。 先週書いた秋起こしではトラクターで5 […]

  • 2021/11/13

【記者兼農家のUターンto農】#31 秋起こし

春に向けてわらを堆肥化 10月下旬、代かき以来5カ月ぶりにトラクターで田んぼに入った。今回は、水が張っていない。刻んだ稲わらと切り株を土と混ぜ合わせる […]

  • 2021/11/11

山辺の兄弟農家 新スタイルでブドウPR

山辺ブドウの幅を広げたい 高台から北アルプスの絶景、松本市街地が望め、県内ブドウ栽培の発祥の地とされる山辺地区。そこで70年続くブドウ農家「瓦屋」を3 […]

  • 2021/10/30

【記者兼農家のUターンto農】#29 衆院選の1票

響く争点が変わった 「初めての1票」をどうするか。塩尻市民となって最初に迎える選挙が、この衆院選になった。そもそも成人してからずっと県外だ。選挙報道で […]

  • 2021/10/23

夏秋イチゴの「魅力」広めて

埼玉から安曇野に移住 吉武さん夫妻 夏から秋にかけて栽培され、安曇野市でも急激に生産量を伸ばしている夏秋イチゴを育て、その魅力を広めたいと埼玉県から移 […]